世界中の笑顔のために・・・人道支援に関わる日々を忘れないでいたい。そして伝えたい。想いのまま綴った日記です。


by emiemi0407
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

1月2日Sun 被災地を思う

 連日、津波のニュースが報道される。
 ボスの家のテレビには衛生放送がついていて
 BBCやらCNNやらをオンタイムで見ることができる。
 そしてその中のニュースのほとんどは
 毎日津波のニュースだ。

 日本にいる友人とチャットしていて
 驚いたことは
 日本ではその話題は下火になりつつあるとのこと。
 そしてテレビでは 
 バカンスから無事、帰国した人々がクローズアップされているらしい。

 つい、イエモンの歌を思い出してしまった。
 「外国で飛行機が落ちました。
  ニュースキャスターはうれしそうに
  乗客に日本人はいませんでした。いませんでした。いませんでした~」
 
 今回の報道も
 世界の大きなニュースよりも日本人の命の大切さ、 
 が強調されていたように感じた。
 命の重さなんて量れないのに
 なんだか連日増えていく死亡者の数が
 ただのカウンターのようになっているのが悲しい。

 でもこの傾向は日本だけではなかった事実もある。
 アメリカ
 世界中を対象として、宇宙から地上を監視する
 軍事衛星のシステムを持っている。
 なんと、これにより建物だけでなく人間の一人一人まで判別できるらしい。
 イラクでの戦争も、
 この機能をつかって衛星から送られるデータを下に
 地上では戦っていたという。
 そんなに細かい情報を得られるのに
 地震のあとに起こった
 いつもと違う海の動きに気がつかなかったはずがない。
 このシステムは人間同士の戦いのためだけ?
 このシステムは自分の国の利益のためだけ?
 そのためだけに動いている。
 そんな事実に憤りを感じずにはいられない。
 
 天災に対して人々は無力だ。
 そして自然と共に生きる人間は
 どこの国でもいつでも
 その事実は変わらない。
 そのことに気がついて
 今、世界中が力を合わせて
 この災害から人々を救おうと動いている。
 今こそ世界に散らばっている沢山の知識と力を集めるときなんだろう。
 そして「平和な日本」
 が戦闘でない場所に「人道支援」を行えるときだと思う。

 世界中の暖かい心に感謝。
 そして被災者の方々のご冥福をお祈りします。
[PR]
by emiemi0407 | 2005-01-02 15:38 | 言の葉