世界中の笑顔のために・・・人道支援に関わる日々を忘れないでいたい。そして伝えたい。想いのまま綴った日記です。


by emiemi0407
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ローマの休日その1

というわけで到着早々ローマの休日。
友人が「仕事どう?」と心配してくれたけど
今のところ仕事していないのでただの観光客状態です。

さて、ここはイタリア。
空港からホテルまでの道のりは厳しかった・・・
途上国へ赴任する場合、たいてい公共交通手段などはないので空港までお迎えがあったりする。
しかーし。
ここはイタリア、一応さまざまな交通手段はあるにはあるので
お迎えなど甘いサービスはなく自力でホテルへ。
よっぽどタクシーを使っちゃいたかったけど2年前にローマに来て目と鼻の先のホテルにいくのにタクシーを使ったら20ユーロも取られた思い出などもあり
どうもタクシーはトラウマ、で、電車と徒歩でホテルへ向かう。

電車乗るにも行先書いてないしー途中駅教えてくれないしー誰に聞いても「多分」としか言わないー。
「この電車〇〇駅に停まりますか?」の受け答えは
「インシャッラー」にしか聞こえなかったよ、私には。
(インシャッラー=神の御心のままに=多分)
これ、世界共通アルネ。

2種類しか電車がなさそうなので勘を使いつかい電車にのり無事目的の駅へ。
そこからホテルまでがまたロングジャーニー。
(背の高いジャニさんじゃないデスヨ)
がらがらとスーツケースを引きずって行くには難しい石畳の道。
無駄に多い階段と段差、坂道。
そう、ここはローマ。
両脇に古代の歴史を拝みながらスーツケースを持って突き進む私。
感動している暇はありません。
イメージは鎌倉駅から鶴岡八幡宮まで団蔓を通って本堂まで上がっちゃう感じでした。
うん、我ながらわかりやすい。
駅から鶴岡八幡宮までタクシーを使う人は少ないけどあそこをスーツケース持って歩くと思ったらつらいでしょ?
つらいんです。
極めつけはホテルの敷地内。
無駄にゲートから入口まで広くてしかも砂利道。
ヘルプミーと叫んでみたい気持ちをこらへなんとか受付へ到着。
しかしボーイさんもおらずホテルに入っても自力で荷物を運ぶ。
無事に部屋についたときには思わず万歳三唱でした。

そしてローマ一日目。
とりあえずホテルの周り散策と事務所の下見。
こんな遺跡群の中にあるのかい?と思うような場所に事務所発見。
すごいところに事務所があるものです。
友人がテラスからの眺めは最高、といっていたけどこういうことかと納得し、
今日は緩めに過ごしました。
ローマはただ町を歩いているだけど歴史散策気分で楽しいところです。
[PR]
by emiemi0407 | 2011-07-02 04:51 | 旅の話