世界中の笑顔のために・・・人道支援に関わる日々を忘れないでいたい。そして伝えたい。想いのまま綴った日記です。


by emiemi0407
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

12月29日Wed 津波津波津波

 インドネシアスマトラ島沖で起こった地震による津波で
 アジアやアフリカの国々に被害をもたらしている。
 
 月曜日、年始のインド行きのチケットがとれなくてがっかりしていたら
 同僚のザンビア人に「今南インドなんて行くもんじゃないよ~」と
 慰められた。
 それではじめてインドネシアで地震があったことを知った。

 それから毎日毎日ニュースが更新されていく。
 2日経ってなんと地震の影響による津波が
 インドネシアから遠く離れたソマリアにもやってきた。

 今さっきのBBCではなんとすでに75000人の死者が出た。
 津波により避難を余儀なくされている人は150万人。
 きっともっともっといるんだろう。

 こんなとき、何ができるだろうか?と考える。
 日本は月曜の時点で30億円を支援するという。
 (ちなみにアメリカは15億)
 日本ってすごいと思った。
 よく日本は「お金だけ出して!」と非難されるけど
 結局こういうときに必要なのはお金なんだと思う。

 欧米の緊急援助のプロたちは
 すでに被災地に降りたって活動しているだろう。
 きっと日本はまだその準備中。
 地震や災害ははじめの48時間が勝負だというのに
 それじゃあ間に合わない。
 人や技術で対抗できないのだから
 日本は出資することが一つの大事な役割なんだとも思う。

 私の仕事はこのザンビアでこのような急な災害に備えて
 危機管理システムを整えること。
 スリランカで警報が一つあれば
 どれだけの命が救えただろう?
 あのビーチで、津波の可能性を示唆できていたら?

 昨日の救急車贈呈式のスピーチでボスはこの津波の被害についても触れ、
 「私達がいま作り上げているシステムは
 このような自然災害時においてもきっと役に立つだろう」
 と言っていた。
 いざというときに備えるのはなんとなく無駄も多いかもしれない。
 でも、それがいかに大事かということをつくづく思い知らされた。

 ここでついつい疑問に思ってしまうこと。
 1、津波の話しばかりだけど地震そのものの影響ってどうなってるんだろう?
 2、メディアが入りやすいスリランカやタイのニュースは入ってくるけど
 同じように津波で被害を受けたソマリアやタンザニアでは
 どうなっているんだろう?
 とメディアから伝わらない人々の生活の実態が気になる。

 被害者の方たちのご冥福をお祈りします。
[PR]
by emiemi0407 | 2004-12-29 22:43 | Peace