世界中の笑顔のために・・・人道支援に関わる日々を忘れないでいたい。そして伝えたい。想いのまま綴った日記です。


by emiemi0407
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

大統領に逮捕状

長いこと話題になっていた
スーダン大統領場バシール氏への逮捕状がついに発行された。

これは去年7月に国際刑事裁判所(ICC)が
スーダンダルフール紛争において
大統領の対応が戦争犯罪と人道に対する罪に値する、として
発行が予告されていたものだ。

ダルフール紛争はよくテレビでも報道されていたもの。
アラブ系の中央政府に対する黒人系反政府勢力の活動が激化したため、
政府軍が黒人系の村を無差別に襲撃した。
これにより約30万人が死亡したといわれている。
そのほかにも虐殺、強姦など報告されている限りでは
スーダン政府が行った罪は重い。

しかし逮捕状が発行されたところで
大統領がただちに逮捕されるわけではない。
ICCは警察ではないので逮捕するには
国家機関の政府が逮捕を行う必要がある。

しかーし。
現実には大統領のもとで働く警察が
そのボスを逮捕することなどありえないわけで
実際には彼が外国に出たさいに
出かけた先の国の警察が逮捕することになるのが現実的らしい。
しかしそんなリスクをおかして彼はでかけるものか?
でかけるのであればきっと彼の味方をしてくれる国へ行くのであろうし。

大統領が逮捕されるかどうか、というよりも
一番気になるのは大統領が以前に発表した
「逮捕状が発行されればスーダンで活動する国連職員の安全は保障しない」
という見解。
さて、逮捕状は発行された。
どうなる、国連職員?

まあ、これは北のスーダンの話なので南には特に影響はないだろうとされているけど。
ハルツームでは早速デモが行われている模様。
ジュバはいまのところ静か。
でもいつも遅くまで営業している周りのお店はもう店じまいの模様です。
さてさてどうなることやら・・・
[PR]
by emiemi0407 | 2009-03-04 23:35 | Sudan